2009年10月28日水曜日

ドラマスティック嬬恋村

嬬恋ナイト

そして軽井沢の山奥にてイベント開始
総勢50名くらいだったかな。少人数のパー
ティーでしたが、
色んな意味で強者多かった(笑)

ログハウスの中はバッチリ過ぎるくらいのサウンド組んでありました。
しかも、オモチャがいっぱい。
アコギ、ガットギターから打楽器、ジャンベに至っては7、8個くらいあったかな。
もう俺にとっては涎モンですよ。
直ぐさまジャンベに飛びついてDJとフリーセッション開始。
もう、何時間タタキっぱだったんだろう。
両肩今でも筋肉痛
完全トランス
嬬恋トリップ

そしてこの方、突如ゆらゆらとブースに現れプレイ開始。
『私、最近メルヘンにハマっているの〜』と言っていた彼女でしたが、
ゴ〜リゴリのサイケ!!
たまにポップスかけたりの出戻りでサイケ!
もう、ぶっちぎりでアガったな。
そして、最後はキッチリ発言通りのメルヘンのオンパレード。
山奥で聞く爆音のメルヘンは未経験でしたが、完全に飛ばされますね。

正にサイケデリック

いや〜今年行ったパーティーの中で間違いなく上位ランクイン。
今回は携帯も車の中にぶん投げで時間から完全に解放された状態で過した週末。
一体、今何時なんだという普段の生活からの離脱は、なかなか考え深いものでした。
60年代後半からアメリカで広がったヒッピー文化。
社会を否定し、自然を愛するという若者達の新世界の結末は歴史に刻まれている。
もしかしたら、現在の文明をウマく使えば、以前から進化したネオピッピー文化も
築けるのかな。
仲良くなったアメリカ人のメアリー(英語の先生)は
終止『時間意味な〜い!』と言っていた。
その気持ち痛い程分かるよ。

次回も必ず。

リスペクトKENJI


Art Chef