2009年5月8日金曜日

MAUMAUとの出会い


MEDICINRMAN

GW初日のアルコール感を抱えて渋谷のArt Shop「GPSYEYES」へ。
SHOPに入るとゴールドロングドレッドの彼が一人スケッチしていた。
彼はMAUMAU。
イングランドのグラフアーティスト。日本は初めてです。
お互い初めて会ったんで最初は少々ぎこちなかったけど、MAUMAU用のお土産を用意したのが
モナリザの絵を描いてる僕だということGPSYEYESのオーナーさんが話していてらしく。
店内にある僕の作品を見せたら一気にフレンドリーな空気に。笑
テンション上がってたな〜。
しばしの談笑後、オーナーさんが来て、みんなでまた談笑。
その後、明日のMAUMAUのショウーの会場設置の為、大忙しのオーナーさんは会場へ。
僕とMAUMAU二人になり、ARTについて話した。
姑く英語を使ってなかったんで所々しかわからなかったけど、同じ創り手として
イメージの湧かせ方、ARTに対気持ちなんかを表現するのにそんなに言葉は必要じゃなかったな。


明日のショーの為に作品を創っていたマウマウの横でたくさんの事に気づかされた。
目の前で描く彼の線がとても滑らかでそして楽しそうに動いてく。

絵を描くこと

子供のころ誰もが無心で描いていたあの感じが伝わってきた。
カッティング、ペイントどれにおいても自分自身のスタイル。




想像と創造とは僕が求める本当の自由。
自由を追い求めてGW3日へ!


Art Chef